上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前作もやってみました。
今回は、「首都島」という人工の島が舞台です。
ここの新聞社に転属になった主人公が、首都島に着いた途端に
大地震が発生。大地震で荒廃した都市を舞台にしたサバイバルゲームです。
2との違いは、2は冬の話だったので「寒さ」が対敵でしたが
1は真夏の話なので「喉の渇き」です。
2の暖まりポイントの代わりに、各地で給水ポイントがあります。
喉の渇きがMAXになると、どんどんHPが減っていってしまいますが
給水ポイントの水は必ずしも飲めるものではありません。
海水だったり泥水だったり…。
あと、ペットボトルに水を入れて持ち運ぶ事もできます。
粉末ジュースの元があれば、ジュースにして持ち運べます。

感想は…2より1の方がアクション面ですごく難しくシビアでした。
特に難しかったのが、相沢ルートの地下鉄…

ストーリーは比較的長めなのですが、主人公が一人だけ、
パートナーの分岐も二人だけなので、2の方が長く楽しめるかもでした。
あと、クリア後に1はランク評価があり、
評価されるのはプレイ時間、走行距離、エンディングの種類
セーブ回数、水を飲んだ量、アウト回数(ゲームオーバー何回か)
転んだ回数が対象です。

ちなみに最高ランクである「S」を取るのには条件があって
・プレイ時間2時間以内でクリア
・非常用持ち出し袋でクリア
・エンディング1~4のどれか
・アウト回数0

最後にSランクチャレンジをしてみましたが…
すっごくシビアでした!!

あとは、2みたく、着替えの要素が無いので
ストーリーが進むにつれて服がどんどんぼろぼろになってったり
路上に死体があったり、1の方がシビアな感じがしました。

ちなみに4週やってみて、エンディングは3→4→2→1でした。
2は、最初パートナーを相沢にしてSランクチャレンジをしたのですが
プレイ時間が過ぎてしまい、スタジアムでパートナーを変更。
比嘉の2エンドを見ておきました。ランクはC→C→A→Sでした。

3が発売されればいいな!と思ってます、おもしろかったw
スポンサーサイト

| main | next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。